タテ回転で寄るアプローチ

今回は、タテ回転で寄るアプローチについて、

紹介したいと思います。

 

ボールに回転がタテ。

これが、安定したスピン量になって、

キャリーとランが一定になるアプローチです。

 

キャリーとランが一定になると、

距離感が安定してきます。

 

回転に横がないので、

ピンまでの距離感が安定してきます。

 

きれいなタテ回転をかけるには、

フェイス面にボールが乗っている時間が

長くなることです。

 

ボールが溝をきれいに昇っていくことによって、

スピンがかかりやすくなります。

 

タテ回転のスピンになるためには、

フェイス面をオープンにする必要があります。

 

スイング軌道をインサイドインにしていきます。

スイング軌道がアウトサイドインになってしまうと、

ボールにヨコ回転がかかってしまいます。

 

体に右ひじをつけていれば、

アウトサイドインの軌道を防ぐことができます。

インサイドインで、フェイス面をオープンにすると、

溝を斜めに使うことができます。

 

そうすると、長く溝でボールをこすることができます。

 

タテ回転には、下半身の使い方も重要です。

スイング幅が小さいとしても、

手打ちになることがなく、

膝を飛球線方向に送ることによって、

下半身を使うことができます。

 

バックスイングでは、左ひざを少し曲げます。

ダウンスイングでは、右ひざを少し曲げます。

 

スイングの始動を下半身で作ることによって、

手打ちを防ぎます。

切り返しをマスターする方法

今回は、切り返しをマスターする方法について、

紹介したいと思います。

 

多くのゴルファーの方々は、ボールに当てたい気持ちが

強すぎて、ただ当てるだけのスイングになっています。

 

上級者になると、ボールが当たる瞬間のインパクトは、

スイングの途中経過に過ぎません。

 

スイングのゴールは、フィニッシュの意識なので、

切れのあるスイングになっています。

 

最近のクラブは、重心の距離が長めに設定されているので、

切り返しで力んでしまうと、スイング軌道が乱れてしまいます。

 

スイング軌道が乱れると、ミスショットが大きくなってしまいます。

切り返しから時計の9時くらいまでは、

クラブをすーっと下ろしてきます。

 

9時くらいから4時くらいまでを力を入れます。

そうすると、インパクトでどーんと言う感じになり、

ボールに力が伝わります。

 

9時から4時にかけては、どんなに力が入っても、

問題ありません。

 

スイング軌道を正確に描くためには、

ボールをセットした位置から、1メートルくらいのところに、

小目標をセットします。

 

小目標をセットしたら、小目標に向かって、

まっすぐクラブを降り出していきます。

この時に、両目を結んだラインが飛球線と平行になる

イメージを持ってみて下さい。

 

両目のラインがずれてしまうと、

プッシュアウトしてしまうので、注意して下さい。

ライとアプローチのマネジメント

今回は、ライとアプローチのマネジメントについて、

紹介したいと思います。

 

バンスを滑らせるスイングをマスターしたら、

マネジメントをマスターする必要があります。

 

スイングが良いのに、ボールが寄らないとしたら、

上げる、下げるのマネジメントに問題があるかもしれません。

 

エッジからピンまでの距離が近い場合は、

高いボールで打つことがポイントです。

 

ピンまでできるだけボールを飛ばして上げることです。

そうすると、距離感が合いやすくなります。

 

エッジからピンまでの距離が遠い場合は、

低いボールで打っていきます。

 

キャリーは極力少なくして、

ボールを転がした方が、間違いが少ないです。

 

左足下がりのライでは、高いボールを打ちにくいです。

上がりにくいのに、無理にボールを上げようとしてしまうと、

ミスショットになりにくいです。

 

バンスを傾斜に沿って、走らせて、

芝を刈り取るようにしていきます。

 

ラフにボールが沈んでいるときは、

ボールを上げることが難しいので、

転がし中心に打っていきます。

 

たとえラフでも、ボールが浮いているときは、

ボールを高く上げていきます。

 

左足上がりのライでは、ボールを上げやすいですが、

距離が出にくくなります。

 

しっかりスイングして、距離を出していきます。