あおり打ちを防ぐバンカーショット原因編


今回は、あおり打ちを防ぐバンカーショット原因編について、紹介したいと思います。

アマチュアゴルファーの7割以上の方々は、実はバンカーショットで
あおり打ちをしていると言われています。ボールを上げたい意識が強すぎることが原因です。

アマチュアの方々のスイングを分析してみると、一見問題がないように見えますが、
砂が飛球線方向にあまり飛んでいないことが多いです。もし砂が飛んでいないようでしたら、
あおり打ちをしている可能性があります。

ダウンスイングからインパクトを見てみると、砂の手前にヘッドが入るまでは良いのですが、
インパクトにかけて、ヘッドが上がってしまい、ボールの腹にヘッドが当たり、トップしてしまいます。

バンカーショットには、通常のスイングとは違うフォームになりますが、
やりすぎると、ミスショットの原因になってしまいます。
例えば、ボールを左側にセットしすぎてしまうことです。

左にセット位置がいきすぎてしまうと、ボールの腹にヘッドが当たりやすくなってしまいます。

スタンスにオープンになりすぎるのも禁物です。ヘッドはアップライトに入りやすくなりますが、
左の脇が空いてしまい、あおり打ちの原因になります。

バンカーショットではフェイス面を開きますが、開きすぎてしまうと、
ヘッドが砂に跳ね返されてしまいます。

バンカーショットででは、砂にスパイクを埋め込むように固めますが、
やりすぎると体重が右足にかかってしまい、あおり打ちの原因に なります。

膝を曲げすぎるのもNGです。体重がかかとにかかりやすくなり、
あおり打ちの原因になります。