あおり打ちを防ぐバンカーショット対策編


今回は、あおり打ちを防ぐバンカーショット対策編について、紹介したいと思います。

砂を飛ばしてボールを出すためには、両足を地面に固定して打つ方法はあまりオススメできません。
プロゴルファーであれば、この打ち方で対処できますが、アマチュアの方々には、
やや難しいかもしれません。

ヘッドが砂にはじかれてしまったり、ダフってしまったり、
あおり打ちの危険性があるからです。

アマチュアの方々にはオススメの方法は、フットワークを使うショットです。
体重移動を積極的に使うことによって、砂を適度に飛ばすことができるようになります。
身体の伸び上がりを防ぐ効果もあります。

フットワークを使ったショットでは、アドレスが重要になってきます。
重心はつま先にかけて下さい。腰は、上に持ち上げてください。
ヒップアップのイメージです。

両足は砂に埋め込まないようにして下さい。埋め込んでしまうと、
フットワークを使いにくくなってしまうので、注意してください。

左のつま先と左脇は、お互いに関係しあっています。左のつま先が開いてしまうと、
体重移動ができたとしても、左わきが空いてしまうので、
結果的にヘッドが砂にはじかれてしまうので、注意して下さい。

つま先を開く角度は、せいぜい30度です。つま先の開きを抑えることによって、
左わきが空くのを防いでくれるので、砂をしっかり取れるようになります。