いろいろなスイング修正法


今回は、いろいろなスイング修正法について、紹介したいと思います。

1.クラブつなぎスイング
クラブを2本用意します。2本をつなぐように持って、
ハーフスイングで、素振りします。

身体の左側を中心にくるっと回転して、振っていかないと、
つないだクラブが、身体の左側に当たってしまいます。

この練習によって、左側を回転させて打つ感覚を身につけることができます。

2.グリップエンドティスイング
グリップエンドにティを差しこんで、ハーフスイングで素振りをします。
バックスイングで、手首が腰の高さに来た時に、ティが
ボールを指していたら、正しい位置にクラブがあります。

フォロースルーで、手首が反対側の腰の位置に来た時に、
ボールを向いていたら、正しい位置にクラブがあります。

右手をこねすぎてしまうと、正しい位置にクラブが来ないので、
注意して下さい。

3.右手の平開きスイング
通常通りにアドレスして、右手の平を開いて、グリップに添えるだけにします。
バックスイングからトップになった時に、右手の平にクラブが乗っていれば、
正しいトップの形になっています。
フォロースルーからフィニッシュの位置にかけて、右手の平にクラブが乗っていたら、
正しいフィニッシュの形になっています。