お尻の使い方


今回は、お尻の使い方について、紹介したいと思います。
世界の一流ゴルファーには、ある共通点があります。

それは、身体の上下動がなく、手首が上がらないことです。
これらの動きを安定して再現するためには、お尻の動きが大切になってきます。

身体の前傾角度を維持するためには、お尻の働きが重要になってきます。
ダウンスイングと開始と同時に、左のお尻を飛球線方向に流すのではなく、
後方に突き出していきます。

そうすると、身体はその場で回転し、飛球線方向に流れません。
前傾角度が崩れることがなく、手首が上がることもありません。

お尻を左後方に突き出すことによって、以下のようなミスをなくすことができます。

1.お尻が後ろに突き出すことなく、逆に前に出てしまって、身体が伸びあがってしまうことです。
前傾角度を維持できず、ミスショットの原因になります。

2.ダウンスイングで体重移動を意識しすぎてしまい、身体が飛球線方向に流れてしまうパターンです。
腕の動きが窮屈になり、身体が起き上がってしまいます。

3.腰を回す動きを意識しすぎて、下半身と上半身が同時に回ってしまうパターンです。
捻転差ができないばかりか身体が開いて、カット軌道になってしまいます。

トップからダウンスイング始動と同時に、左のお尻の外側の部分を
飛球線方向でなく、身体の後ろに向けていく感覚で、動かしていきます。

この動作を左足の外側に逃げないように行います。
ダウンスイングで左のお尻を後ろに向けていくと同時に、
右足のかかとが浮かないようにします。

かかとが浮かないようにすると、左方向に逃げたり、身体が起き上がるのを
防いでくれます。

左のお尻を後ろに向ける強さですが、左後方に誰かがいると想定して、
その人を突き飛ばすイメージで、お尻を向けていきます。

お尻を後方に突き出す練習法ですが、ボールを使う方法があります。
両足の前の方で、ボールを踏みます。

その状態から、ハーフスイングします。ボールを踏んだままだと、
お尻を後方に突き出すイメージが持ちやすくなります。

ボールを踏んだ状態だと、身体が不安定なので、
身体の前傾角度が維持しやすくなり、身体の伸び上がりを防いでくれます。

他の練習法としては、お尻の3センチくらい後ろにキャディバックを置きます。
その状態から、スイングをして、ダウンスイングで、左のお尻がキャディバックに
触れたら、正しいお尻の動きをしています。