お腹が出ていても飛距離が出せる方法


今回は、お腹が出ていても飛距離が出せる方法について、紹介したいと思います。

最初にアドレスですが、お腹が出ていても、 アドレスを特別に変える必要はありません。

両ひざを適度に曲げていただいて、 股関節を中心に前傾姿勢をとってください。 多少お腹が出ている程度あれば、問題ありません。

必要以上に脇を締めることに意識がいってしまうと、 身体に窮屈感が出てしまいます。

逆に脇を開けすぎてしまっても、 スイング軌道が不安定になってしまうので、注意して下さい。

お腹に手が若干当たっている感じで大丈夫です。 リラックスできるポジションを微調整して下さい。

よく壁を作れと言いますが、過剰に意識することは 禁物です。スイングがぎこちなくなってしまいます。 両肩の回転を意識していただいて、左肩がアゴの下までくるように、 上体の捻転に集中して下さい。

そうすれば、自然に右サイドに壁を作ることができます。 ダウンスイングでは、逆の動きになります。 右肩をターゲット方向に出していくようにします。

上体の捻転を意識していただければ、 左サイドに身体が流れることを防いてくれます。

ダウンスイングで多いのが振り遅れですが、 両肩、腕、腰をすべて一体化して、回転する意識を持って下さい。