がに股アドレス


今回は、がに股アドレスについて、

紹介したいと思います。

 

アドレスした時のひざの位置ですが、

ひざの位置関係については、

どのような認識を持っていますか。

 

多くの方は、太ももの内側に力を入れて、

内また気味にしているようです。

 

多くのレッスン書にも、太ももの内側に

力を入れるようにと書いてあります。

 

しかし内またにしたアドレスが、

アドレスでの下半身を不安定にしていると言えます。

 

そこで、がに股アドレスをおススメします。

スタンスの幅は、今までと一緒です。

 

スタンスの幅をキープしたまま、

両ひざをひろげてみて下さい。

 

両ひざを開いたがに股にすることによって、

スイング中の左右のずれがなくなることが分かります。

 

ひざを外側に開くことによって、

右サイドの股関節が、ぐっと

入っていく感覚が分かります。

 

内またのアドレスだと、バックスイングで、

右ひざが伸びやすくなってしまいます。

ひざが伸びると、腰が回りすぎてしまい、

捻転の力を作れなくなってしまいます。

 

ダウンスイングでは、左ひざがスウェーしてしまい、

軸を保つことが難しくなってきます。

 

一方、がに股スイングにすることによって、

下半身がどっしりしてきて、ひざが伸びたり、

流れることがなくなってきます。