こすり球の対処法


今回は、こすり球の対処法について、紹介したいと思います。

力のないボールが、右側に抜けてしまうことをこすり球とよく言います。
こすり球が出てしまう原因は、フェイス面がオープンになってしまうことです。

オープンになってしまう要因は、ダウンスイングからインパクトにかけて、
左腰が後方に引けてしまって、フェイス面がオープンになるからです。

フェイス面がオープンになると、スイング軌道がアウトサイドインになってしまい、
ヘッドが内側に抜けてしまうからです。

こすり球を防ぐためには、アドレスをとったときに、
左肩、左腰、左ひざを正確にセットすることです。

アドレスからインパクトにかけて、形が崩れないようにスイングします。
こすり球がでやすい方々の特徴の1つに、綺麗なスイングを気にするあまり、
バックスイングをゆっくり丁寧に上げようとする傾向があります。

バックスイングをゆっくり上げようとしまうと、身体に力が入ってしまい、
ダウンスイングでは、身体に手がついてこなくなってしまいます。

振り遅れや緩みによって、手首が身体の中心から離れてしまうのです。
こすり球を防止するためには、手を積極的に使って、
早めにバックスイングしていきます。

早くスイングすることによって、手と身体に一体感が生まれてきます。
ここでバックスイングを早くするための練習法を紹介します。

パートナーを1名見つけていただき、正面に立っていただきます。
パートナーにもクラブを持っていただき、
クラブで自分のクラブを押し上げてもらいます。

クラブを早くひゅんと上げる感覚を体感できます。