ころがすアプローチ


今回は、ころがすアプローチについて、紹介したいと思います。

アプローチでつかうウェッジのウェッジ系のクラブは、ロフト角があるために、
普通に打てば、高いボールになってしまいます。

高いボールになってしまうクラブで転がしていくには、ボールを上げるよりコツが必要になってきます。
ピンまであまり距離が無い場合は、ボールを上げるより転がした方が、リスクが少なくて済みます。

アドレスは、両足を10センチくらいの間隔をあけて構えます。
左足を親指1つ分後ろへ引きます。

手首を使わずに、両腕と手首を結んだ三角形が崩れないように、スイングしていきます。
ただしスイング軌道が特徴的になってきます。

アウトサイドインの軌道で振っていきます。ヘッドの付け根にボールを当てていきます。
ヘッドの付け根にボールを当てることによって、ボールの勢いを殺していきます。

ヘッドの付け根に当てるために、ヘッドの付け根を浮かすと良いです。

ピンまであまり距離がないときや下りのライで使用すると、オーバーを防ぐことができます。
スイング幅は、最大で腰までの高さになります。

インパクトからフォロースルーにかけては、手首を使わないようにして下さい。
手首の角度を維持したまま、右手を押し出していくようにフォローを出していきます。