すぐにできるスイング修正法


今回は、すぐにできるスイング修正法について、紹介したいと思います。
トップからダウンスイングにかけて、上体が動いてしまうと、スイング軌道がぶれてしまいます。

身体を揺らしてバックスイングするのではなく、静かなバックスイングを心がけます。
ダウンスイングで上体が動いてしまうと、ひざが曲がりすぎてしまい、
だふりの原因になってしまいます。

ダウンスイングにかけて、両ひざの高さを維持しながら、スイングしていきます。
球が捕まらない方は、左手の甲に工夫を加えます。バックスイングからトップにかけて、
左手手首を若干曲げていきます。そうするとボールを捕まえることができるようになってきて、
ドローボールが打てるようになってきます。

ドライバーに有効な方法です。
コックをほどくタイミングがわからない方は、ダウンスイングで手首が胸の高さまできたら、
コックをほどいていきます。
アプローチでボールにスピンがかからない方は、フォローで手首をこねてしまうことが原因です。
フォロースルーで手首を飛球線方向に出していきます。

アドレスでは、手首をハンドファーストに構えます。
そうするとフェイス面が若干オープンになってきて、
ボールが高く上がり、スピンがかかるようになります。