つま先上がりからのショット


今回は、つま先上がりからのショットについて、紹介したいと思います。

練習場の地面は、基本的に平らにできています。
しかしゴルフコースで、平らなライというのは、
まずありません。

平らにように見えても、実際は微妙な傾斜が
あります。傾斜には、いくつかの種類があります。

ティショットが右にいってしまい、
右サイドの斜面に乗ってしまった場合、
足よりもボールが高い位置にくることがあります。

これをつま先上がりと言います。
つま先上がりの斜面では、フェイス面が左サイドに
返りやすいために、ボールが左に行きやすくなります。

ターゲットにボールを打っていくためには、
ターゲットよりも若干右サイドにアドレスします。

足だけでなく、身体も右サイドに向けていきます。
斜面からのショットで絶対に守るべきルールは、
スイングしても、身体が不安定にならないことです。

重心を落として、安定した構えを取ることが大切です。
つま先上がりのライは、普通に立ってしまうと、
体重がかかとよりにかかりやすくなります。

バランスを保つために、体重をつま先よりにかけておきます。
クラブは短めに持ちます。

クラブを、短めに持った分、飛距離は落ちるので、
クラブは1,2番手長めのクラブを持つことをおススメします。