つま先上がりのフェアウェイウッドの打ち方


今回は、つま先上がりのフェアウェイウッドの打ち方について、紹介したいと思います。

つま先上がりのライは、ボールから身体までの間隔が狭くなります。
狭くなった分、クラブの長さを調整する必要があります。
クラブは、1-2センチくらい短く握ります。

つま先上がりでも緊張してはいけません。リラックスして、クラブを握るようにします。
つま先上がりでのミスのパターンには、特徴があります。

身体の回転が止まってしまい、フェース面が返ってしまい、
ボールが左方向に飛びやすいことです。

このようなミスを防止するために、左足のつま先を若干オープンにします。
つま先をオープンにすることによって、インパクトからフォロースルーにかけて、
身体が左方向に回転して、ミスを防いでくれます。

つま先上がりのライでは、体重移動は禁物です。
ボールのセット位置は、通常よりも1~1.5個分右に移動します。

スイングの注意点は、体重移動をせず、身体が上下左右にぶれないように、
頭の位置をキープしたまま、打つようにして下さい。

マン振りしてしまうと、身体が動いてしまう危険性があるので、
70%くらいの力でスイングします。

ターゲットは、ボールが左に流れてしまう可能性を考えて、
10ヤードくらい右側に設定しましょう。