つま先体重でフェードを覚える方法


今回は、つま先体重でフェードを覚える方法について、紹介したいと思います。

使用するクラブは、9番アイアンです。
9番アイアンはシャフトが短いため、インパクトで、上からヘッドを入れやすいクラブです。

フェードボールを打つポイントは、クラブヘッドを上から入れることなので、
9番アイアンが適しています。

しかし多くのゴルファーは、ボールを高く上げようとするため、
クラブヘッドが上から入らず、アッパースイング気味になり、
下から入ってしまいます。

下から入ってしまう最大の原因は、かかとに体重がかかってしまうからです。
そこで、つま先に体重をかけて、身体の前傾角度を最後まで維持する必要が出てきます。

まずは、かかとの下に敷くための板を用意します。木でも鉄でもプラスチックでも良いです。
厚さは、3センチくらいが良いでしょう。

両足のかかとの下に板を敷いて、つま先体重にします。
さらに前傾姿勢を維持したまま、9番アイアンでボールを打ちます。

アドレスした時に、目の真下にボールがあるようにして下さい。
そうすると、クラブヘッドを上から入れることができるようになります。

最初は、ハーフスイングでオーケーです。
下半身を使う必要はありません。ハーフスイングで前傾角度を維持し、つま先体重で打ちます。

引っかけボールが出たら、OKです。

次の段階では、右足のかかとだけに板を敷いて、アドレスします。
左足を開いて、若干オープンスタンスにします。

その状態から、ハーフスイングで打ちます。
この時、左股関節の上方で、腰を切る練習をします。

ボールの位置は、左足かかとの前方が良いでしょう。

次の段階では、右足のかかとに板を敷き、左足のつま先の下に板を敷きます。
この段階で、ボールが抜けないように、左足の股関節でしっかり踏ん張って、
壁を作って、腰を切る練習をします。

最初はハーフスイングから始めて、だんだんフルスイングにしていきます。
フォロースルーを無理して大きくとる必要はありません。

しっかり腰を切って、低いボールを打つようなイメージでスイングしましょう。
腰が飛球線方向に流れないようにして下さい。

腰が流れてしまうと、フェードではなく、単なる力のないスライスになってしまいます。
左腰で体重を受けとめて、左足かかとに荷重して、腰をしっかり切っていきましょう。
左足のかかとに体重が乗ると、頭が流れずに、左股関節の上で、腰を切ることができます。