でんでん太鼓と飛ばす秘訣


今回は、でんでん太鼓と飛ばす秘訣について、
紹介したいと思います。

でんでん太鼓とは、太鼓の端にひもがついていて、
その先には球がついています。

太鼓の下についた柄を回転させることによって、
遠心力でひもをしならせ、太鼓を鳴らすおもちゃです。

ゴルフでボールを飛ばす原理も同じです。
柄は体軸にあたり、体軸の回転によって、ひもにあたる腕やクラブを振るのです。

体軸を使うメリットは、主に2つあります。
1つ目は、スイングの回転半径が広くなることです。

回転半径が広くなることによって、遠心力でヘッドスピードが上がり
ボールが飛ぶのです。

2つ目は、回転半径が広がることによるインパクト範囲が伸びることです。
飛球線に対して、ヘッドがほぼ直角になる範囲が広がるため、
ボールがまっすぐ飛びやすくなるわけです。

回転半径が小さくなるほど、インパクト範囲が狭くなり、
余計な横回転がかかりやすくなって、フックやスライスの原因になります。

体軸を使うスイングのポイントは、バックスイングで、身体の左半分を
右足に乗せていく感じです。この感じを持つことによって、
回転半径が広がります。

ダウンスイングでは、腕の動きを忘れて、身体の回転を意識して振ります。
今のクラブは性能が良いから、勝手にボールは飛んでいくくらいの感じだと、
力まなくて良いと思います。

スイングは、体軸を意識してゆっくり振る感覚です。
肩と腕を一緒にして振る感覚だと、体軸を意識できます。