まっすぐ飛ばすドライバー


今回は、まっすぐ飛ばすドライバーについて、

紹介したいと思います。

 

力一杯振ろうとすると、ボールが曲がってしまう原因は、

バックスイングが大きすぎることが考えられます。

 

バックスイングが大きくなりすぎないようにするためには、

トップでクラブヘッドが下を向かないように気をつけます。

 

ヘッドが下を向かないようにするためには、

左ひじを曲げないようにすることが大切です。

 

左ひじが曲がらなければ、肩を十分に回すことができて、

トップが適正な位置に収まります。

 

バックスイングは、早く振っても振りすぎない位置までしか

上げないようにします。

 

常に身体の正面にクラブがセットされるように

スイングしていきます。

 

アドレスの位置も注意する必要があります。

バックスイングからトップにかけて、

両ひざの感覚を一定に保つようにスイングします。

 

特に左ひざが左右に動かないようにします。

両ひざの感覚を一定に保つことによって、

上半身と下半身に捻転の差が生まれて、

トップの位置が適正になって、大きな運動エネルギーにつながります。

 

トップからダウンスイングにかけては、

両ひざを開くような感じにします。

 

かかとがあがらないようにして、べた足を意識してみて下さい。