ゆっくり振るとはどういうことなのか①


今回は、ゆっくり振るとはどういうことなのか、ゆっくり振ることのメリットについて、
紹介したいと思います。

みなさんは、もっとゆっくり振りなさいとアドバイスされたことはありませんか。
確かにゆっくり振ることは重要ですが、意味を勘違いしている方が、意外と多いようです。

ゆっくり振るとは、力を抜くことではありません。力を抜いてしまうと、
緩みの原因になってしまいます。

ゆっくり振るとは、全身の捻転を使って、振ることなのです。
捻転を使えるようになると、本人はゆっくり振っているつもりでも、
実はヘッドは高速で振れているのです。

逆に、力づくで手で振っていくと、ヘッドは振れていないのに、
本人は、高速で振ってしまっているのです。

捻転を上手く使えるようになると、ゆっくり振っているつもりでも、
ヘッドが走るようになり、真っ直ぐ遠くに飛ぶようになります。

・ゆっくりスイングのポイント1
しっかりトップまでバックスイングをして、しっかりフォロースルーをとります。
バックスイングとフォロースルーの軌道が、同じになるように心がけてください。
インパクトで止めてしまうようなパンチショットは禁物です。

・ゆっくりスイングのポイント2
アドレスした時の手首と身体の間隔を覚えておいてください。
その間隔を維持したまま、スイングしてみてください。
間隔が狭くなるようだと、手打ちになっています。
間隔を最後まで同じにすることによって、捻転を体感して下さい。