ゆっくり振るとはどういうことなのか②


今回も、ゆっくり振るとはどういうことなのか、ゆっくり振ることのメリットについて、
紹介したいと思います。

・ゆっくりスイングのポイント3
腕の動きを体感したら、次は下半身の動きを体感していただきます。
下半身の動きに注意を向けていただくために、クラブは持たず、
胸の前で、腕を組んでください。

通常通りにアドレスしていただき、バックスイングを開始します。
バックスイングが進むにつれて、体重が右足にかかってきます。

トップでは、体重がほとんど右足にかかっています。
ダウンスイングからフォロースルーにかけては、
だんだん体重が左足にかかってきます。

フォロースルーでは、体重がほとんど左足にかかり、
右足はつま先だけで立っている状態になります。

体重移動を意識すれば、それに伴って膝も動くようになってきます。
バックスイングでは、左膝が少し内側に入ってきて、左太ももの内側に
緊張感があれば、OKです。

インパクトからフォローにかけて、右膝が少し内側に入ってきて、
右太ももの内側に緊張感があれば、OKです。

ゴルフスイングでは、両肩の動きを重視します。確かに両肩の動きも
大切ですが、スイングは下半身主動でしたほうが、ゆっくり振ることができます。

バックスイングでは、ヘッドを飛球線の反対方向に移動していけば、
自然に肩は回るようになります。

ダウンスイングの始まりは、左足の親指の付け根からスタートします。
親指で地面を踏み込むようにして、少し内側に移動していた左膝を
元の位置に戻す感覚で、ダウンスイングを開始すると、下半身主動の
スイングになってきます。