ゆったりしたスイングマスター方法


今回は、ゆったりしたスイングマスター方法について、

紹介したいと思います。

 

ゆっくりしたスイングで特徴的なのは、

ダウンスイングで右ひざをうまく使うことです。

 

ひざをうまく使うことによって、ゆっくりしたスイングを

マスターすることができます。

 

ダウンスイングでは腰を回すというよりは、

腰を若干飛球線方向に移動させる感じです。

 

腰を若干移動させて体重を左足に乗せたら、

左足の中心で身体を回転させていきます。

 

腰を左サイドに動かすことによって、左足に

体重が乗るので、ボールにエネルギーが伝わり、

飛距離が出やすくなります。

 

クラブはダウンスイングの最初は振るというよりは、下に

下ろしてくる感じです。

 

クラブを下に下ろしてくるためには、

右足のかかとが浮かないようにすることが大切です。

 

早くかかとが上がってしまうと、腰が飛球線方向に

移動することなく、後ろに引けた感じになってしまうので、

注意して下さい。

 

インパクトでは身体が開いてしまってもかまいません。

ポイントは、手首が飛球線方向に出すぎなければ大丈夫です。

 

手首が飛球線方向に出すぎてしまうと、

インパクトでフェイス面が開いてしまい、

スライスボールになってしまいます。

 

身体が開いてもかまわないので、

手首が常に身体の正面にあるようにします。