アイアン 体重移動をマスターする


今回も、1歩1歩進むアイアン練習法について、紹介したいと思います。

飛距離を出したいと思ったり、ヘッドスピードを上げたいと思うと、
多くの方々は、体重移動を考えます。

体重移動は確かに大切ではありますが、体重移動を間違ってしまうと、
正しくボールが飛んでくれません。

体重移動のメカニズムを右足から左足への重心移動だと思ってしまうと、
まっすぐボールを打ち出すことはできません。

体重移動は重心の移動ではなく、身体の捻転で生まれるものです。
バックスイングでは、お尻が右側に回転していき、
フォロースルーでは、お尻が左側に回転していきます。

身体が左右にずれることなく、その場で身体が回転することがポイントです。
アドレスしたら、お尻を右方向に回転させれば、
右足の股関節に体重が勝手に移り、トップポジションが完成します。

ダウンスイングでは、左足に体重移動をしないで、
右足に重心を残したまま、身体の捻転を戻していきます。

右足に体重が残したままにすることによって、
頭が右側に残り、身体の突っ込みを防ぐことができます。

フォロースルーでクラブが振られる遠心力によって、
体重が勝手に乗ってきます。

ダウンスイングでは、下半身が先に始動してから、
上半身が続いて始動してくると、スイングにタメに生まれます。

タメを作るポイントは、トップからダウンスイングにかけて、
下半身が始動した後も、できるだけ上半身は右側を向いている状態
長く維持することです。

この時間が長くなればなるほど、タメが作られるようになり、
ヘッドスピードが上がってきます。