アイアン 捻転に腕の動きを取り入れる


今回も、1歩1歩進むアイアン練習法について、紹介したいと思います。

身体の捻転だけで、スイングできる振り幅ができたら、
後は腕の動きをプラスしたら、フルスイングが完成します。

ドライバーは、ある程度打てるにも関わらず、
ライにボールが直接置いてあるアイアンが上手くいかない方には、
おススメです。

ハーフスイングよりも振り幅が大きくなると、
左手首の回転が必要になってきます。

最初に真っ直ぐに立っていただいて、剣道の構えのように、
クラブを前に突き出します。

バックスイングでは、左手首を右側に捻りながら、
右ひじを折っていきます。

この状態から、上半身を若干折り曲げると、
トップポジションが完成します。

フォロースルーでは、左手首を左側に捻りながら、
左ひじを折っていきます。

この状態から、上半身を若干折り曲げると、
フォロースルーが完成します。

ダウンスイングで、左手首を捻るタイミングは、
身体の捻転を戻す前に、クラブを身体のセンターに
戻してくる感覚を持ってみて下さい。

シャフトが長くなればなるほど、ヘッドを早く動かす
意識が必要になってきます。

手首の使い方をマスターするための練習法を紹介します。
腰を低くして構えていただいて、手首の回転だけで打ってみて下さい。

他には、椅子に座っていただいて、打ってみると、
手首の使い方が分かりやすくなります。