アイアンで低いボールを打つ方法


今回は、アイアンで低いボールを打つ方法について、紹介したいと思います。

ゴルフがうまくなるほど、方向性や距離感が問われるのがアイアンです。
理想的なアイアンショットは、高いボールだと思っていませんか。

そんなことはありません。アイアンの基本ショットは、低いボールです。
低いボールを打つ利点は、たくさんあります。

方向性に安定感が出てきます。風の流されにくくなります。
グリーンの奥にピンが切ってあっても、転がすことができます。

高いボールを打とうとすると、ぎったんばっこんになりやすくなりますが、
低いボールを打つことができれば、肩がオープンになることを防いでくれて、
振り遅れを防ぐことができます。

アドレスですが、普段と比べて、ボールを若干右サイドにセットします。
ギッタンバッコンを防ぐために、体重は若干左サイドに乗せておきます。

体重配分の割合は、左に6割、右に4割です。
身体の捻転を十分に使ってバックスイングしていただいて、トップはコンパクトを心がけます。

ダウンスイングでは、インパクト付近を低く長いスイング軌道にしていきます。
低く長いスイング軌道にすることによって、強く押し出すことができます。

フォロースルーは、無理にとろうとせず、押し出した勢いで決めてみて下さい。