アイアンとドライバーの打ち方の違い


今回は、アイアンとドライバーの打ち方の違いについて、紹介したいと思います。

ゴルフクラブを2種類に分けるとすれば、
ドライバーとアイアンに分かれます。

理想は、ドライバーもアイアンも同じスイングをすることです。
しかし完全に同じと言うわけにはいきません。

ボールを浮かして打つドライバーと地面から打つアイアンでは、
打ち方に微妙な違いが生まれます。

打つイメージを少し変えて打つ必要があります。
ドライバーは得意だけど、アイアンが苦手な方は、
ドライバーのイメージでアイアンを打っていることが多いです。

ドライバーのスイング軌道は、アッパーブローです。
一方、アイアンのスイング軌道は、ダウンブローです。
アイアンは芝を削り取るイメージで打ち、手首は、
ハンドファーストになります。

体重は、左サイドに乗っています。
アイアンが苦手な方は、インパクトで体重を一気に
左サイドに乗せていくと良いです。

アイアンでは、ドライバーよりもスタンスを
若干狭くします。ボールの位置は、センター付近になります。

ドライバーが得意でアイアンが苦手な方の特徴は、
アドレスやボールの位置がドライバーと同じ、
体重移動を使いすぎる、アッパーブローです。

アイアン上達ドリルとして、右足のかかとを
浮かしたまま打つと良いです。