アイアンのダフリ対策①


今回は、アイアンのダフリ対策について、
紹介したいと思います。

最初に、アイアンのダフリ度を確認したいと思います。
ダフリが出やすい方には、ある特徴があります。

ダフリ度が高い方の特徴は、アドレスに難点があります。
右肩が下がっている傾向があります。右肩が下がると、
右足に重心がかかり、ダフリ度が上がってしまいます。

よく右肘を伸ばしすぎないで、緩めましょうというアドバイスを
耳にしますが、誤解してしまうとダフリ度が上がってしまいます。

右肘を緩めすぎると、肘が身体にくっついてしまいます。
すると、グリップエンドも身体に近づいてしまうため、
腕の動きが窮屈になり、スイングが小さくなるうえに、
重心が右に残ったままになってしまうのです。

このような現象は、ボールを上げなければいけない
砲台グリーンや打ち上げのホールで起きやすくなります。

対処法は、両肩の高さを地面と平行に構えることです。
実際には、若干右肩が下がりますが、平行にする意識で大丈夫です。です。
すると、体重が右にかかりすぎず、ダフリにくいアドレスになってきます。

次にグリップです。ダフリ度が高いグリップは、
右手をかぶせすぎたグリップです。

グリップは、左手をセットしてから、上からかぶせるのではなく、
横から添える感じです。

すると手首と身体の間には、手を開いたくらいの間隔ができます。
このくらいの間隔があれば、腕はスムーズに動きます。