アイアンのダフリ対策②


今回も、アイアンのダフリ対策について、
紹介したいと思います。

ほとんどの方は、ターゲットに対して右を向いてしまいます。
なぜなら、アドレスした位置からピンを見て、構えてしまうからです。

そのことに気づかないで、ボールが右にいってしまうと、
右に活かせなくないために、クラブを左に回しこんだり、
右肩が突っ込んだり、アウトサイドインのスイングになってしまったりします。

ピンを確認するのは、必ずボールの後方からです。
後方から、ボールの20センチ先にスパットを見つけます。
20センチ以上先にスパットを設定すると、ずれが大きくなるので、
スパットは、ボールから20センチ以内がおススメです。

ボール、スパット、ピンが1直線になっているかを確認します。
そのラインに平行になるようにアドレスしたら、ボールを打った後、
スパットを通過させる意識で、スイングすると、スイング軌道が安定してきます。

ボールは、身体の真ん中に置くことをおススメします。
最初に両足を閉じて、真ん中にボールを置きます。

次に左足を左肩の真下にセットして、若干つま先を開きます。
右足を右肩の真下にセットして、若干つま先を開きます。

そうすれば、毎回身体の真ん中に正確にボールをセットすることができます。
最初は違和感を覚えるかもしれませんが、何回も練習して下さい。