アイアンのダフリ対策③


今回も、アイアンのダフリ対策について、
紹介したいと思います。

ラウンドしている時に、ダフリ始めた時の対処法についてです。
まずは素振りを何回かします。

その時に、クラブヘッドが地面に着き始めた場所をよく覚えておいてください。
その位置にボールをセットします。

クラブヘッドが地面に着き始めた位置より左側にボールを置いてしまうと、
ダフリの原因になります。

ボールを右側にセットすることによって、ボール、地面の順番に
ヘッドが当たることによて、ダフリを防ぎます。

右側にボールを置くと、シャンクが怖いという方がいますが、
原因は右側にボールを置くことでなく、ボールに身体が近づきすぎていることが
原因です。グリップエンドと身体の間隔が、手の平を広げたくらいを常に
保つようにして下さい。

それでもダフリが治らない場合は、クラブを2センチくらい短めに持ちます。
クラブは短めに持っても、身体の前傾角度やボールから身体までの間隔は同じにします。

ヘッドがボールに届くか心配になるかもしれませんが、最後の手段として
トップ気味にボールを捉えるようにするのです。

短く握っている分、ミート率が上がる上に、ダフリを防ぐので、
かえって飛距離が伸びることもあります。