アイアンのマネジメント -様々なライ-


今回もアイアンのマネジメントについて、紹介したいと思います。

1.ラフでのグリップ
ラフからのショットでは、グリップに大きな力が加わります。
ラフからの脱出は、長く伸びた芝ごとボールを打っていくわけですから、
強い抵抗がグリップにかかります。

ラフからのショットでは、グリップを強めに握りましょう。

2.ラフでのスイング
ラフは、芝が長く伸びているだけでなく、
スタンスもいつものようにしっかりとれないことが多くなります。

そこで、ラフからのスイングでは、フルショットは禁物です。
足場の悪い状況からのフルショットは、クリーンヒットの妨げになります。

ハーフスイングかスリークオーターショットを心がけましょう。

3.つま先下がりのライ
ボールが左サイドにいってしまうと、次のショットが
つま先下がりになってしまうことが多くなります。

つま先下がりのショットでの注意点は、身体が前にいってしまうことです。
身体が前にいってしまうのを防ぐために、お尻を利用します。

お尻を後方に突き出すように構えて、重心を後ろに置くように意識します。
つま先下がりでは、上半身が立ってしまうことが多いので、
目線を低くして、上半身の起き上がりに注意します。

また普段より膝を曲げているので、捻転を使いにくくなります。
無理なフルショットは避けて、ハーフスイングを心がけます。

4.つま先上がりのグリップ
つま先上がりのライの注意点は、地面から身体までの距離が、
フラットなライに比べて、狭くなることです。

通常のグリップでスイングすると、窮屈感を
感じてしまうので、2~3センチくらい短かめに握ります。

5.つま先上がりのターゲット
つま先上がりのターゲットは、注意が必要です。
つま先上がりでのショットは、ボールが左に曲がっていきます。

左方向に飛んでいくだけではなく、地面に落ちてからも
左方向に転がっていきます。

ターゲットは、グリーンセンターを狙うのであれば、
グリーンの右端、もしくはさらに右側を狙います。

ボールが左に行きやすいからと言って、スライス打ちは
オススメできません。ミスショットをする可能性が大きいです。

6.左足上がりのライ
左足上がりは、傾斜の中では楽に打ちやすいライです。
ダウンスイングで、クラブが入っていきやすいからです。

しかしフラットなライに比べて、飛距離は出ません。
インパクトの時の、ロフトが大きくなるので、
1番手から2番手大きいクラブを持ちましょう。
あとは傾斜に沿って、振り抜いていきます。

7.左足上がりの重心
左足上がりの体重は、右足の内側にかけます。
最初から最後まで、体重移動をほとんど行いません。

体重移動を行ってしまうと、傾斜に沿ったスイングが難しくなり、
ダフってしまう可能性があるので、注意して下さい。