アイアンのマネジメント


今回は、アイアンのマネジメントについて、紹介したいと思います。

1.グリーンを分割する
グリーンを狙う時は、グリーンを4つに分割すると良いです。
狙い所は、アマチュアの方であれば、逆球が出ても、
バンカーやラフなど、最悪の事態にならないエリアを
最優先に考えます。

ピンに寄れば最高だけど、ミスしたら良くてボギーといった
ハイリスクハイリターンな選択は、スコアが安定しません。

2.距離感を合わせる
アイアンで飛距離を調整する場合、以前は
スイングの速さを変えていました。

しかしこの方法は、かなりの技術レベルを必要として、
プレッシャーの影響を受けやすくなります。

距離を調整する場合は、スイングの速さを変えずに、
振り幅を変えて、距離を変えていきます。

スイングの速さが変わらなければ、プレッシャーの影響を受けにくくなります。

3.飛距離のチェック
振り幅を変えた場合の飛距離を練習場で
チェックしておきましょう。

スイングの幅の違いによる飛距離は、個人差が
大きく出ます。

いろいろな振り幅を試してみて、
飛距離の違いをチェックして下さい。

4.捻転
振り幅を小さくした場合、手打ちになりやすくなります。
振り幅は小さくとも、捻転はしっかりするようにして下さい。

5.ライの状態が良い時は…
ライの状態が良いと、ナイスショットの可能性が高まります。
しかしこの油断が禁物です。

ライの状態が良いほど、ボールの落下地点が気になってしまい、
いつもより早く顔を上げてしまいがちです。

ヘッドアップしてしまうと、せっかくの良いライでもミスショットになってしまいます。
ライの状態がどうであっても、しっかり頭を残す意識を持って下さい。

6.ラフにボールがいってしまったら…①
ラフで注意する点は、ボールが浮いてしまっている時です。
ボールが浮いている状態で打つと、ボールの下をくぐってしまう
いわゆるダルマ落としの状態になってしまいます。

ダルマ落としの防ぐには、クラブを短めに握ることです。
二センチくらい短めに持つと、ミスを防止することができます。

7.ラフにボールがいってしまったら…②
ラフで注意する点は、もう一つあります。
ボールが沈んでいるケースです。

ボールが沈んでいる状態で、ボールをクリーンにヒットさせようとしても
なかなかうまくいきません。

クリーンヒットどころがボールの腹をたたいてしまう危険性があります。
そこで、ボールを直接打つのではなく、ボールの2センチくらい手前から
クラブを入れてあげると、うまく脱出できるようになります。