アイアンのミスショットをグリップで直す方法


今回は、アイアンのミスショットをグリップで直す方法について、紹介したいと思います。

ティアップしたボールならうまく打てるのに、
芝の上にあるボールを打つのは苦手なゴルファーは多いと思います。

原因として考えられるのは、右手のグリップにあります。
正面から見て手の平を確認できるように下方から握っていることが挙げられます。

下方から握ってしまうと、バックスイングが内側に入ってしまい、
ボールを上げたいと思う気持ちによって、ダウンスイングはアッパースイングになってしまいます。

この方法は、アッパーブロー気味にショットするドライバーでは良かったとしても、
地面にボールがある時は、ダフリが出やすくなってしまいます。

対策としては、右手を上から握るようにグリップしていきます。
手の平の上にクラブを乗せると言うよりは、指の上にクラブを置いてあげると、
右手でかぶせるようなグリップになります。

トップが出やすい時は、ダウンスイングで身体が起きてしまい、
ボールを上を打ってしまうことが原因です。

このようなときは、スイング軌道を横にしてあげます。
右手は、クラブの横から握るようにします。

指先で握るようにして下さい。
右手の親指と人差し指で握るイメージを持つと良いです。