アイアンの新スタンダード


今回は、アイアンの新スタンダードについて、紹介したいと思います。

以前は、アイアンセットと言えば、3番アイアンからPWまでがワンセットだったと思います。
しかし最近は、その傾向が変わりつつあります。

最近の主流は、5番からPWまでのセットが主流になりつつあります。
セッティングが変われば、スイングにも変化が出てきます。

このような傾向の原因として、ウッドが打ちやすくなり、
飛ばしやすくなったが挙げられます。

これに伴って、アイアンも飛距離を求められるようになり、
ロフト角が少なくなってきました。

そうなると、5番アイアンでは、ボールが上がりにくくなり、
グリーンに乗っても、転がって、落ちてしまうようになってしまいました。

一方、ウッド系のクラブだと、上がりやすく、止まりやすいので、
アイアンの数が減ってきたと言えます。

ウッド系のクラブの比率が増えるのに伴って、ウッドの打ち方で
アイアンを打っていく必要性が出てきました。

どちらかの打ち方に合わせていかないと、2種類の打ち方が必要になってきて、
ゴルフが難しくなってしまうからです。

アイアンのスイングと言えば、ダウンブローですが、ウッドの影響で、
ダウンブローにも変化が出てきています。

最近のアイアンは、ウッドに近い構造になってきていますので、
打ち方も変わってきています。

構造が低重心になってきて、スイートスポットが低い位置にあるので、
極端なダウンブローが必要なくなってきていて、
横から当てる感覚で、ボールが上がるようになってきています。