アイアンの方向性を上げる方法①


今回は、アイアンの方向性を上げる方法について、紹介したいと思います。

ピンまで残り150ヤード。みなさんならどのような球筋で攻めますか。
多くのアマチュアの方々は、ストレートボールで打とうとします。

実はそこに問題があります。ストレートボールを打った場合、
ミスショットになると、左右どちらにも曲がる可能性があります。

しかしどちらかに曲がるボールを打てれば、落下地点の誤差を減らすことができます。
曲がるボールとなると、ドローボールかフェードボールになります。

みなさんなら、どっちを選びますか。おすすめは、フェードボールです。
フェードボールの打ち方は、実はシンプルで覚えやすいのです。

フェードボールを打つには、左足の股関節上でスイングすれば良いので、シンプルです。
またグリーンでボールが止まりやすいことも利点です。

一方ドローボールは飛距離は出ますが、止まりにくく打ち方も難しくなるので、あまりおススメできません。

フェードボールをマスターするには、7番アイアンを使います。
最初は、手打ちでボールを捕まえる練習をします。

ボディターンを最初から入れてしまうと、ボールがつかまらず、
スライスの練習になってしまうので、まずは手打ちのハーフスイングで練習します。

フェードボールをマスターするには、手打ちの引っかけを練習します。
スイングの幅は、両腕が肩の高さまで上がるくらいです。

上半身の捻転を使わずに、手だけで引っかけボールを打ちます。
バックスイングでは、左ひじを伸ばして、右ひじをたたみます。

フォロースルーでは、左ひじをたたんで、右ひじを伸ばします。
左右対称の形になるように、意識して下さい。

クラブヘッドの向きは、トップとフォロースルーで同じです。
どちらもヘッドが空を向くようにして下さい。

フォロースルーで、クラブヘッドが目標方向を向いたり、
ボールを左側に打とうとする意識が強いと、ヘッドは空を向きません。

フォロースルーで、クラブヘッドを立てると、
クラブは、身体の正面に位置するようになります。

次のステップでは、インパクトでボールを正しくとらえる練習をします。
クラブは、サンドウェッジを使います。

構えたら、手首を使わずに手首と両肩のラインを結んだ三角形を維持したまま、
腰の高さのふり幅で、スイングします。

トップでのフェースの向きを確認してください。
フェースが地面を向いていたり、空を向いていたり、身体に向いていたら、
フェ-スの向きが、間違っています。

正面を向いていたら、フェースの向きは正しいと言えます。