アイアンの方向性を上げる方法②


今回も、アイアンの方向性を上げる方法について、紹介したいと思います。

フェースが正しい方向を向いていると、インパクトでボールをスクエアに
とらえることができます。

ボールをスクエアでとらえると、ボールはきれいな縦回転をしながら、
ストレートボールで飛んでいきます。

ボールが落ちた後、どちらにバウンドするか確認してください。
まっすぐに転がっていけば、縦回転をしているはずです。

もし左右にころがったら、横回転が入っていると考えられます。
縦回転になるまで、練習して下さい。

手首と両肩を結んだ三角形を維持することを説明しましたが、
三角形を維持することは、縦回転のボールを打つうえで、大切なことです。

三角形を維持するコツは、左わきを締めることです。
左わきが身体から離れると、途端に三角形が崩れるので、注意して下さい。

他には、身体のどこを意識するかでも変わってきます。
身体の中心を意識して、腰をレベルターンしていきます。

そうすると、肩もレベルターンしていきます。
身体の中心を意識する時は、前方より後方の背骨を意識します。

背骨を中心にして、腰、肩をレベルターンすると、腕も自然に回るようになります。

フェードボールを打つためのサイドのステップが腰を切る動作の習得です。
腰を回すのではなく、切るのです。

ここで言う腰を切るというのは、左の股関節の上で、腰を回すことを言います。
腰を左の股関節の上で切るためには、バックスイングで
しっかり体重を右足に乗せることが重要になってきます。

バックスイングで体重が左足に乗ったままだと、ダウンスイングで逆に
体重が右足に残ってしまい、腰を切ることができなくなってしまいます。

それでは腰を切るための練習法を紹介します。

片足打ちです。使用するクラブは、7番アイアンです。
バックスイングで、左足を上げて、体重を右足に乗せます。
ダウンスイングと同時に、右足を上げて、体重を左足に乗せます。

そうすると、体重移動がスムーズになり、左の股関節の上で腰が回り、
腰を切るスイングができるようになります。

足を上げた時に、身体の軸が左右に傾かないようにして下さい。
腰を切ることを意識しすぎずに、体重を乗せることに集中して下さい。

他には、インパクトの形を一度作って、スイングする練習法もあります。
アドレスしたら、少しバックスイングしてクラブを下し、インパクトの形を作ります。

これを何回が繰り返して、インパクトの形を覚えます。
その後、通常のスイングでボールを打ちます。

この時も切ることを意識しすぎて、身体の軸がぶれないようにして下さい。

腰を切るスイングをするためには、いくつかコツが必要になります。

腰を切ろうとして、腰が目標方向に流れてしまうと、手首が窮屈になってしまい、
フェードを打つことはできません。

また体重が右に残ったままで、腰が右方向に動いてしまっても、腰を切ることができません。
体重が左腰に乗って腰を切るためには、右サイドの動きが重要になってきます。

ダウンスイングを開始と同時に、右肩と右腰をボールにぶつけるように、
回転していきます。右サイドを意識すると、左腰は左股関節の上で、
勝手に切れていきます。

左サイドに身体が流れてしまうスウェーも防止できるので、
ボールをしっかり捕まえることができて、切れのあるフェードを打てるようになります。

ただし右サイドを意識してしむまうと、スライスになってしまう方もいます。
それは、手打ちになりやすい方です。

手打ちの方が、右サイドを意識してしまうと、手首が身体の回転よりも
先に前に出てしまい、スライスになってしまいます。

手打ち傾向の強い方は、左腰とグリップエンドがひもでつながっているイメージを持って、
左腰の回転で、グリップエンドを引っ張る感じでスイングすると良いです。