アイアンの調子を戻す調整法


今回は、アイアンの調子を戻す調整法について、紹介したいと思います。

アイアンの飛距離を伸ばしたいと思いすぎると、ボールを上げようとしてしまい、
右手に力が入りすぎてしまい、手首が身体から離れてしまいます。

手首が身体から離れてしまうと、トップの位置が高くなってしまい、
ダウンスイングでインサイドインで振ろうとしてしまうと、あおり打ちになりやすくなってしまいます。

クラブは遅れて下りてきてしまい、フェイス面がオープンになってしまい、
ボールにエネルギーが伝わらず、右にボールが抜けていってしまいます。

理想的なスイングのコンセプトは、身体の軸が動かず、クラブが身体に巻き付いてくる感じになり、
手首が身体から離れることなく、軸回転スイングです。

調整法としては、まずは手の平スイングです。右手の平をフェイス面に見立てます。
ダウンスイングから右手の平と左手の甲を揃えて、ターゲット方向に向くようにしていただき、
フォロースルーでは、腕ではなく、身体を回転させていきます。

両肩の動きですが、上下に動くのではなく、地面と平行に回転するようにしてあげます。
次にウォーキングスイングです。先ほどの手の平スイングを歩きながら行います。

バックスイングで左足を前に出して、インパクトで右足を前に出していきます。
リズムよく振る感覚を体感することができます。