アイアン感覚でドライバーを振る方法


今回は、アイアン感覚でドライバーを振る方法について、紹介したいと思います。

ゴルフクラブは、大きく3つに分かれます。ドライバー、アイアン、パターです。
パターは別として、ドライバーとパターでは、微妙に打ち方が
変わってきますが、できるだけ同じな方が、シンプルでミスが少なくなります。

ドライバーをアイアンと同じ感覚で打つには、できるだけティを低くする必要があります。
多くのプロがティを低く設定しています。クラブヘッドの上端から3分の1くらい出るのが平均で、
クラブヘッドの上端からボールが出ないプロもいます。

一方、多くのアマチュアゴルファーは、高いティが目立ちます。
ダウンスイングで手を使ってしまうため、スイング軌道が高くなってしまい、
高いティで補っているのです。

プロゴルファーは、ダウンスイングで手首が低い軌道をとるため、
低いティでも打つことができます。

ドライバーとアイアンをできるだけ同じ感覚で打つために、
低いティを打つための方法を紹介します。

低いティでもボールを打てるようになるためには、
手首が下に下りてきて、低くて長いスイング軌道をとる必要があります。

そのための練習方法が、右手1本でハーフスイングする方法です。
右手1本でハーフスイングすると、
スイング軌道がアッパーブローでもダウンブローでもなく、
低く長いフラットな軌道になってきます。

スイングは、身体全体を使って、行います。
手だけでバックスイングをしてしまうと、
高くて急角度なスイング軌道になってしまい、
ダウンスイングで身体が突っ込みやすくなってしまうので、注意して下さい。

アドレス時に、右肩が前に出てしまっても、
低くて長いスイング軌道をとりにくいので、注意して下さい。

なかには、もっと捻転を使いたいんだけど、可動域が狭くて、
クラブを両手で持ってしまうと、十分に捻転できない方々がいます。

可動域が狭いために、やむおえず腕で上げてしまい、
低く長いスイング軌道を取れない方々は、クローズドスタンスを試してみると良いです。

クローズドスタンスだと、身体が硬くても、上体を捻転しやすいので、
低くて長いスイング軌道をとりやすくなります。

ドライバー以外の、ウッドやユーティリティ、アイアンで打つ場合のティは、
さらに低くなります。ティの高さは、5ミリくらいです。

これらのクラブは、スイートスポットの若干下で打った方がスピンが効く設定になっています。
ヘッドの溝の下3本にボールが当たれば、ベストです。