アイアン飛ばない理由はインパクトにあり!


今回は、アイアン飛ばない理由はインパクトにあり!
番手通りの距離、高さを出す為の練習ドリル について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

ハンドファーストのインパクトを迎えることができず、

アイアンでの飛距離のロスに悩んでいます。

ハンドファーストのインパクトを作るためのドリルが

ありましたら、教えて下さい。

=====================

というご質問にお答えします。

アイアンでインパクトをする際に、ハンドファーストで
インパクトしないと、ボールの高さにばらつきが出てしまいます。

ヘッドが先に走ってしまうと、ボールが上に上がってしまい、
飛距離のロスにつながってしまいます。

ハンドファーストでインパクトを捉えるということは、
安定した飛距離を得るために、重要になってきます。

そこで、正しいインパクトを得るためのドリルを紹介します。
アイアン2本を使用します。

クラブをつなげていただき、1本は、左のサイドに出します。
この形で構えると、アドレスではインパクトの形になります。

tunageru

クラブが身体に当たらないように、スイングしてみて下さい。
もし身体に強く当たったとしたら、ヘッドが先に来ているかもしれません。

つなげたクラブがお腹に当たらないように、フォローを出していきます。
3時9時のハーフスイングで、振ってみて下さい。

ka

この練習を繰り返すことによって、正しいロフト角で
インパクトを作ることができます。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。