アウトサイドイン アドレスによって修正する方法


今回は、アウトサイドイン アドレスによって修正する方法
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

スライスで悩んでいます。友人にスイングを

見てもらったら、スイング軌道がアウトサイドイン

になっていると言われました。

アウトサイドインを直す方法があったら、

教えて下さい。

=====================

というご質問にお答えします。

アウトサイドインでスライスに悩んでいるゴルファーの方々のために、
アドレスで修正する方法を紹介したいと思います。

アウトサイドインになってしまう方は、
スイング軸を右に少し傾けます。

スイング軸

最初は、ティアップしていただいて結構です。
身体の軸を右に傾けて、左足上がりのような
アドレスをとっていきます。

左足上がり

このようなアドレスをとることによって、
アウトサイドインの軌道が、修正されてきます。

なぜ修正されるかというと、身体を傾けることによって、
身体の開きや肩の開きが抑えられて、クラブをインサイドから振る
イメージを出しやすくなります。

アウトサイドインになってしまう原因は、トップからの
身体の開きが早くなってしまい、カット打ちになってしまうことにあります。

突っ込み

極端に言えば、身体の軸を左に傾けて、打っていることになります。
身体の傾きを逆の右に傾けて、軸の傾きを崩さないように
バックスイングします。崩さないようにダウンスイングをしていきます。

この練習を続けることによって、アウトサイドインの軌道が修正され、
インサイドインのスイング軌道が身についてきます。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。