アウトサイドインをアドレスによって修正する方法


今回は、アウトサイドインをアドレスによって修正する方法について、紹介したいと思います。

スライスの原因であるアウト軌道を修正するドリルです。
アドレスの時点で、工夫を加えます。

実際に構えている肩のラインをみて下さい。
多少右肩が下がっていると思います。

右肩が下がった

その状態でアドレスをしてみて下さい。
アウトサイドインのスイング軌道になっている方は、
肩のラインがまっすぐになっていることが多いです。

肩のラインがまっすぐ

肩のラインが地面と平行になってしまうと、アウトサイドインの軌道になってしまいます。
グリップした時、右手はグリップ一個分身体から離れて握っています。

肩も右肩は下がるのが、理想のアドレスになります。
ここで肩が地面と水平になってしまうと、肩がオープンになってしまって、

このような形になってきます。

そうなると、スイング軌道がアウトサイドインになってしまいます。
アドレスで肩のラインをしっかりとこぶし1個分下げて、構えて下さい。

それでもアウトサイドインが修正されない方は、もう少し右肩を下げてみて下さい。
このようにすることで、ダウンスイングで左の肩が残って、
インパクトからフォローにかけて大きく振り出すことができます。

左の肩が もう少し下げて下さい。

手軽にできるスライス修正法ですので、肩のラインに注意して実践してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼