アゴが高いときのバンカーショット


今回は、アゴが高いときのバンカーショットについて、紹介したいと思います。

バンカーショットで、難易度が高いのは、アゴが高い状況からのショットです。
アゴが高いときは、アゴが高い時用のバンカーショットが必要になってきます。

最初にフェイス面の向きです。普通のバンカーショットであれば、
フェイス面を1時方向に開きますが、アゴが高い場合は、1時30分まで開いていきます。

ここまでフェイス面を開いてしまうと、ボールが右に飛んでしまうので、
手首をさらに下に移動します。そうすれば、ボールはまっすぐに飛んでいきます。

ポイントは、目の位置です。目を上方に向けてしまうと、どうしてもアッパーブローになってしまいます。
目の位置は、地面に対して水平かアゴの高さよりも下にするようにします。

身体の軸は傾けないようにして下さい。両肩のラインは、地面と水平にするようにして、
地面と平行に回していきます。注意する点は、お尻の位置です。
お尻を地面と水平に回転していくようにすれば、両肩も地面と平行に回ってくれます。

目玉になってしまったときは、フェイス面を11時30分にセットします。
手首は、ハンドファーストにして下さい。手首は、若干上方に移動すれば大丈夫です。