アドレスでの姿勢


今回は、アドレスでの姿勢について、紹介したいと思います。

アドレスの姿勢で、背筋が曲がってしまう、いわゆる猫背は、確かにNGです。
しかし背筋が反っていれば良いというものではありません。

確かに胸をある程度反らせる必要がありますが、反らせすぎてしまうと、
ボールを上から目線で見てしまうことになり、手打ちになる危険性があります。
胸を反らせすぎると、身体が捻転しにくくなり、手打ちになってしまいます。

アドレスを正しくするために、意識すると良い場所があります。
それは、アゴです。

もし猫背になったとしたら、必ずアゴが前方にせり出すはずです。
胸を反らせすぎると、アゴが上方に上がってしまいます。

正しいアドレスをとるためには、アゴを引くようにします。
アゴを腕が身体につくようになり、胴体と腕に一体感が生まれ、
ボディターンをしやすくなるのです。多少背筋が曲がっても問題ありません。

ボディターンができるようになれば、スイング軌道が安定し、
球筋が一定になってくるのです。

あごを引く具合は、証明写真が基準になります。
駅などにある証明写真撮影マシンで写真を撮る時のアゴの位置を思い出してください。

撮影時のアゴの位置を維持して、腰から前傾姿勢をとると、
理想的なアドレスの姿勢の完成です。