アドレスとインパクトの関係


今回は、アドレスとインパクトの関係について、

紹介したいと思います。

 

手首が右サイドに残ってしまったアッパースイングは、

打振ってしまったり、スライスしてしまったり、

距離が出ないなどのミスショットにつながりやすくなります。

 

インパクトでは、ハンドファーストに構える必要があります。

ハンドファーストになるためには、体重を左サイドに

乗せていく必要があります。

 

左サイドに体重が乗ってくると、自動的に

ハンドファーストに形になってきます。

 

ハンドファーストになると、左腕と

シャフトが一直線になってきます。

 

しかし左腕とシャフトの一直線を意識しすぎてしまうと、

手首が飛球線方向に折れてしまうことがあります。

 

理想的なハンドファーストになるためには、

アドレスでは、両肩と手首を結んだラインが、

二等辺三角形になるようにします。

 

アドレスで二等辺三角形を作ると、

インパクトでは、理想的なハンドファーストになります。

 

練習ドリルとしては、左足体重ドリルがおススメです。

アドレスで左足に90%体重を乗せたまま、

バックスイングを開始して、ダウンスイング、

インパクトを迎えます。

 

左足に体重を乗せて打つ感覚が分かってきます。

多くのプロは、アドレスで二等辺三角形、

インパクトでハンドファーストを作っています。

 

ぜひ試してみて下さい。