アドレスとグリップの点検方法


今回は、アドレスとグリップの点検方法について、紹介したいと思います。

ゴルフのフォームを作る上での基本は、アドレスとグリップです。
アドレスとグリップが正しくできていないと、
フォロースルーでスイングスピードが上がってこないです。

最初にアドレスです。アドレスですスクエアに構えることは重要ですが、
スクエアを意識しすぎて、肩、腰、膝を地面と平行にしてしまうと、
右肩が前方にせり出してきてしまい、上半身が飛球線方向に突っ込みやすくなってしまいます。

右肩が前方にせり出してしまうことによって、上半身がオープンになってしまい、
ダウンスイングの振り遅れやフックの原因になってしまいます。

しいアドレスをしている時は、左手の下に右手がきます。
手の位置関係が正しくなると、右腰が左腰に比べて、若干下がります。
お尻の真ん中が左足の内側を指すようになります。

バックスイングでは、左膝の角度を維持しながら、トップまで持っていきます。
トップからダウンスイングにかけては、左腰から動かしていきます。

ダウンスイングでは右足を蹴り出して、体重移動することを試してみてください。
体重移動によって、移動してきた重心を左膝で、踏ん張ります。

インパクトからフォロースルーにかけては、左足の上での回転するイメージを持って下さい。
ダウンスイングで左腰が飛球線方向に流れてしまうと、
体重が逃げてしまい、手打ちになってしまうので、注意して下さい。