アドレスの体重荷重


今回は、アドレスの体重荷重について、紹介したいと思います。

多くのゴルファーの方々は、アドレスの時にどこに体重を乗せたらいいのか悩んでいると思います。

ゴルフは前傾姿勢で構えるのだから、親指の付け根にかけると言う方もいれば、かかと側に乗せる方もいると思います。

アドレスでの体重荷重は、結局は人それぞれですが、アドレスしていただいて、
前傾角度をとった時の体重荷重が、一番良いと思います。

足のここじゃなきゃだめだと荷重を気にしてしまうと、力が入ってしまうので、注意して下さい。

背筋は、反らさないようにして下さい。反らし過ぎは、
身体の捻転をしにくくしてしまうので、注意して下さい。

次に上体の力の入れ具合です。腕と身体の動きが一体になることが重要です。
腕の動きと身体がばらついてしまうと、スイングにスムーズさがなくなってしまうので、注意して下さい。

手首を身体の前にセットするようにして下さい。また両腕が胴体の内側に収まるようにして下さい。

腕が力んでしまうと、脇が開いてしまって、胴体から外側にはみ出てしまいます。
そうならないためには、腹筋に力を入れることが重要です。

腹でバックスイングをして、腹でダウンスイング、インパクトを迎えるイメージを持って下さい。