アドレスを変えることによって、スイングを変える方法


今回は、アドレスを変えることによって、スイングを変える方法について、紹介したいと思います。

アドレスを変える第一歩は、ボールの位置です。
ドライバーを打つ際は、両足とボールを結んだ線が、直角三角形を描くようにします。
左足の内側の延長線上にボールをセットします。

そうすると直角三角形になります。
アイアンで打つ時は、両足とボールを結んだ線が、二等辺三角形になるようにします。

グリップですが、右手を調整します。右の親指が右腕を向くように握ります。
右手を下からグリップすると、クラブを遅れて下りてきてしまうので、注意して下さい。

右手首の位置は、常に一定です。右手首が身体の正面にあるのが正解です。
手首の角度は、120度を維持します。
この角度は、クラブの重みを感じやすい角度です。

120度を維持するための練習ドリルは、クラブを地面と平行に水平打ちをします。
ヘッドの重みを感じることができれば、水平打ちをスムーズに打つことができます。

手首の角度をキープするためには、小さなふり幅で練習します。
太ももから太もものふり幅で、何回も練習します。

このふり幅で練習すれば、遠心力の影響を受けにくいので、手首の角度を維持できます。
慣れてきたら、徐々にふり幅を大きくしていきます。