アプローチころがしのテクニック


今回は、アプローチころがしのテクニックについて、紹介したいと思います。

アプローチで、最も簡単なのが転がしです。
ボールからピンまでは、必ず歩測をするようにして下さい。

ピンまで約20ヤードあり、ライが平坦であれば、ボールから10ヤード先がターゲットになります。
ターゲットの幅は、だいたい1ヤードが適当です。その範囲内に、ボールが落ちてくれれば、
直接カップインの可能性も出てきます。

クラブの人それぞれでかまいませんが、キャリーとランの割合が、同じくらいのクラブが、
転がしには適しています。

アドレスですが、左足を若干オープンにします。
そして少し後ろに引いておきます。

プロセスがシンプルなだけに、安定感が増してきます。
両足を揃えて立つようにします。

ボールは、身体のセンターにセットします。
手首は、左足の太ももの内側にセットして、ハンドファーストの形を作ります。

左足を若干オープンにすることには、多くのメリットがあります。
フェイス面をスクエアに維持しやすくなって、方向性が安定してきます。

インパクトからフォロースルーにかけて、フェイス面は返りやすくなります。
スクエアに構えると、フェイス面がフォロースルーにかけて、クローズドになってしまい、
方向性が不安定になってしまうので、注意して下さい。