アプローチでの下半身の使い方


今回は、アプローチでの下半身の使い方について、紹介したいと思います。

ゴルフにおいて、ほとんどのショットは、下半身の動きが重要になってきます。
下半身を使わないのは、パターと一部の特殊な状況でのショットと言っていいでしょう。

ゴルフのアプローチでも、下半身を積極的に使わないと、
上半身の動きも悪くなってしまい、腕だけのスイングになってしまいます。

腕だけのスイングは、軌道が安定せず、飛距離も出ないばかりか方向性も安定しません。
下半身の動きで重要になってくるのは、腰の動きです。

腰の左サイドを後方に引くことが重要です。腰の左サイドが後方に移動すると、
自然に右ひざが左ひざに寄っていくのです。
そうすると、左ひざに体重が乗っていき、身体が力むことなく回っていき、
正確なアプローチを打ちやすくなります。

腰の動きが止まってしまうと、当然右ひざの動きも止まってしまい、
腕だけのスイングになりやすく、パンチショットが出やすくなるので、注意して下さい。

バックスイングでは、逆に下半身を動かさないようにします。
ここで下半身を動かしてしまうと、身体が左右にぶれてしまい、
スイング軌道がずれてしまいます。

膝が前後左右にぶれないように、前を向いた状態で、
手首を使わずに、バックスイングしていきます。