アプローチでの距離感を養う練習ドリル


今回は、ゴルフ アプローチでの距離感を養う練習ドリル
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

パターやアプローチでの、距離感や方向性が

悪いです。どうやって練習すれば良いか、

分かりません。練習方法を教えて下さい。

=====================

というご質問にお答えします。

アプローチの距離感ですが、基準となる振り幅を作ることが大切です。
10ヤード刻みで距離感を作ることができたら、正確な距離感を身につけることは
できますが、アマチュアゴルファーの方々に難しいかもしれません。

基準となる距離感を1つ覚えることによって、距離感を養うことができます。
誰にでも振り心地の良い振り幅を決めてみて下さい。

腰から下の振り幅で、10球程度打ってみて下さい。
リズムとテンポだけは上げないことを気をつけながら、
打ってみて下さい。

腰

腰から下の振り幅であれば、大体30ヤード地点にボールが集まるはずです。
自分の好きな振り幅を覚えていただいて、基準が30ヤードであれば、
25ヤード地点に落としたいときは、振り幅を小さめにするようにします。

1つ基準を作ることによって、安心感が生まれ、
ヘッドスピードが安定してきます。

距離感を養うための次の練習方法ですが、
ボールをずっと見たまま、素振りをしていても、
距離感を養うことはできません。

目標方向を見ながら、素振りをしていきます。
目標方向を見ることによって、自分が持っている感性を
活かすことができます。

目標

ロングパットでも、カップを見ながら素振りをして、感覚を覚えて、
ボールを打っていきます。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。