アプローチでボールを止めるための方法


今回は、アプローチでボールを止めるための方法について、紹介したいと思います。

アプローチでボールを止めるためには、ダウンブローでボールを上からたたくと思ってらっしゃる方が多いようです。
しかし実際は違います。ボールを止めるためには、スイングをゆっくりすることがポイントです。

溝が鋭いウェッジとスピン系のボールを使用してらっしゃる方には、おススメの方法です。
ゆっくりアプローチをマスターするための練習方法ですが、右手一本でウェッジを握ります。

右手首の角度を変えないようにして、体の回転を使っていただいて、
ターゲットに打つというよりは、ターゲットにボールを押し出していく感じで打ってみて下さい。

そうするとボールがフェイス面に乗っかって、スピンがかかりやすくなります。
ここでいうゆっくりとは、フェイス面を上からでなく、低い位置からゆっくり入れていく感じです。

フェイス面にボールが乗るので、距離感が安定してきます。
ボールの打ち出しスピードも適度に収まるので、転がりやすいグリーンでもスピンが効いて、止まりやすくなります。

上からダウンブローでもうまくヒットすれば良いですが、ミスショットした時の代償も大きくなります。
その点ゆっくりアプローチであれば、仮にミスショットになってしまった時でも、傷は少なくて済みます。