アプローチで体を同調させるための練習法


今回は、アプローチで体を同調させるための練習法について、紹介したいと思います。

アプローチで身体を同調させるためには、ドリルと言うよりは、
素振りが重要になってきます。

両手でクラブを肩幅に持っていただきます。クラブの高さは、
へそくらいにセットして下さい。前傾のアドレスを作り、
両手を右に回していきます。そのまま回転していきます。

kuraburyoute

前傾角度がくずれずに、クラブの角度と高さを維持しながら、
レベルターンをしていきます。

migi

単純な素振り運動ではありますが、この練習をすることで
、身体の回転運動が身についてきます。クラブの角度は、
地面と平行になるようにして下さい。

バックスイングの時に、クラブが平行からアップライトにずれないようにして下さい。
逆にダウンスイングで、クラブが平行からアップライトにならないようにして下さい。

zure

もしクラブの角度が変わってしまったとしたら、
スイングを手で作ってしまっていることになります。

クラブは、常に地面と平行になるように注意していただいて、
身体の捻転を意識して下さい。

腕は身体の捻転についてくる感覚でスイングして下さい。
手の平にクラブが乗ってくるようにして下さい。

この素振りを何回か練習していただいて、身体を同調させる感覚をつかんだら、
実際にボールを打ってみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼