アプローチで安定したインパクトを得るための方法


今回は、アプローチで安定したインパクトを得るための

方法について、紹介したいと思います。

 

アプローチのインパクトで緩んでしまったり、

強く打ちすぎてしまう原因は、

バックスイングの大きさが違ってしまい、

ヘッドスピードが変わってしまうことが原因です。

 

距離がどんなであっても、ヘッドスピードが

徐々に上がってくることが重要です。

 

ヘッドスピードを少しづつ上げていくためには、

フォロースルーを意識することが大切です。

 

フォロースルーを意識することによって、

インパクトがゴールではなく、プロセスになり、

スイングが安定してきます。

 

50ヤードショットでは、クラブと身体の回転が

シンクロして、手首が身体の正面に位置しながら、

フィニッシュを迎えます。

 

70ヤードショットでは、十分に身体を捻転して、

手首が頭を超える位置まで、スイングしていきます。

 

80ヤードショットでは、十分にフィニッシュを取ることが

大切です。

 

インパクトからフォロースルーにかけては、

両腕を伸ばしていって下さい。

 

ダウンスイングでは、両ひざの高さが一定になります。

両足のかかとは、ぎりぎりまでべた足をキープして下さい。

 

べた足にすることによって、ボールへヘッドが入る角度が

一定になります。