アプローチで寄せる方法


今回は、アプローチで寄せる方法について、紹介したいと思います。

ゴルフにおいては、ショットにおいては、好不調の波が大きくなりやすいです。
しかしアプローチなどのショートゲームは、比較的安定感があります。

ショットが乱れても、アプローチでカバーできれば、スコアをまとめることが可能です。
上級者と一般ゴルファーの違いとして挙げられるのが、ボールへのインパクトです。

上級者のインパクト音は、カチッという音がします。一見トップしたように思えますが、
クリーンにボールに当たっている証拠です。このような音をさせるには、ヘッドが上から入ることが大切です。

一般ゴルファーの方々は、ヘッドの刃をボールの下に入れようとします。
ヘッドの刃は、ボールの真ん中より下に当たれば大丈夫です。
いかにボールと刃の間に芝が侵入しないかが重要になってきます。

ピンまで距離が短いときは、アドレスを小さめに構えて下さい。
小さくアドレスすると、スイング軌道が自然に小さくなってきます。

スイング軌道が小さくなれば、ヘッドの軌道がダウンブローになって、
ボールをダイレクトにとらえることができるようになってきます。

オープンスタンスに構えていただいて、両足をボールに寄せて下さい。
体重は、つま先にかけます。グリップはぎりぎりまで短く持ってください。