アプローチで球筋を変える方法


今回は、アプローチで球筋を変える方法について、紹介したいと思います。

左足上がりのライで難しいアプローチは、ピンまでの距離が長いと、なかなか寄らないものです。

ボールが高く上がってしまい、落ちてからボールが止まってしまいます。
そこでピンにボールを寄せるためには、ボールに回転をかけないショットが必要になってきます。

ピンまでの距離が近い場合は、ボールに回転がかかっているので、ボールを寄せやすくなります。

逆にピンまでの距離が近い左足下がりは、ボールをピタッと止めることが難しいので、
ボールを近づけるためには、相当な危険が伴うかもしれません。

正確なショットをするためには、フォロースルーでのフェイス面の向きに注意する必要があります。
インパクトからフォロースルーにかけて、フェイス面が自分の方に向くようにすると、
フェイス面にボールがしっかりと乗っかって、ボールに回転がかかりやすくなります。

左足上がりでピンが遠い場合は、左腕とクラブが直線になるようにスイングして下さい。
左足上がりのピンが近い場合は、フォロースルーでフェイス面を自分に向けて下さい。

左足下がりでピンが近い場合は、スイング軌道をアウトサイドインにして下さい。
左足下がりでピンが遠い場合は、左足に体重を乗せて下さい。